幸せで満たされる心地よさ

国分寺の寿司屋では寿司の配達をしてくれるバイトの方を募集しています。
こんなときに浮かぶのは、新聞配達員さんのスキル。マンション名や表札のない家まで頭に入っている彼らは、デリバリーの名人にもなれます。地理に長けているというのは最大の財産なんですね。改めで尊敬しました。また、地域で、新聞配達をしている方のWワークとして時間がかぶりませんし、配達専門であれば導入研修も短時間で済むと思います。特殊分野ですから時給は高く設定してほしいです。

寿司屋の応募者の中には、日本の食文化特有の寿司に惚れ込んだ外国人の方も見受けられることもあるでしょう。外国でも日本文化を押し広めようとして数多くの日本寿司店が開かれており、自分の国で寿司店を営んでいるうちに、次第に寿司の本場である日本に移住したいと考えるようになる外国人の方がいても不思議ではないと思うのです。こうして考えると、寿司によって日本の良さを世界に大々的に発信しているのだということがうかがえてくるのです。

寿司屋でバイトをしてみようと考えたきっかけとして、回転寿司でひと皿をワンコインで手軽に食べられるのを理由にして訪れるお客さんの笑顔を見たいからだと言う方もいるでしょう。故に、限られた予算内でいかにして満足感を伴えるかが、寿司屋に訪れる意義の一つなのだと考えられるのです。

また、最近では寿司を運ぶものを乗り物に仕立てて、子供にも親しみが持てるような趣が施されているのです。要は、食べることを目的にしたお客さんに、多様な楽しみを提供していきたいという寿司屋の意図があるからこそなのです。突き詰めれば、楽しい気持ちでおいしい物をいただくことが極上の幸せになるものとして、寿司屋だけではなく、いろんな外食産業においても、先の遊び心をベースとしたシステムを確立していくのではないでしょうか。

そして、生きるために食べることが、楽しむために食べることへと変換されていく瞬間を垣間見ることにもつながるのです。